LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

Gitとは?使うと解決できること&使うのが当たり前な理由3つ

パソコンで、テキストファイルやエクセルファイルを使ったことがあると思います。 そのようなファイルは、使っているうちにより便利なものに編集をします。

しかし、編集がより良い編集になっているとは限りません。前に作った文章が良かったと思う場合もありますし、エクセルファイルは前の関数を使った方法の方が良かったと思うときもあるはずです。

そのような時、バックアップがあれば簡単に戻すことが出来ます。

Gitとは、そのバックアップを強力にサポートしてくれるツールです。

対象読者のレベル

この記事では、下記の読者レベル向けです。

  • Gitについて知ったばかり
  • Gitがどういうものか分かっていない
  • Gitをまだ使ったこと無い

Gitとは?

Gitは、ファイルの内容や状態を管理する「バージョン管理システム」です。

Gitを使うと、ファイルの状態を過去にさかのぼって簡単に戻したり、複数人で同時に1つのファイルを修正したり出来ます。

Gitを使う理由

Gitを使う理由は主に3つの理由があります。

  • ファイルを過去の状態に戻したい
  • 同じファイルを複数人で同時に修正したい
  • ファイルを修正した意図を伝えたい

ファイルを過去の状態にもどせる

ファイルを過去の状態に戻すための一番簡単な方法は、フォルダごとバックアップを取ることです。しかし、この場合だと戻りたい時点のデータが無くなってしまうと、戻すことはできなくなってしまいます。

さらに、バックアップをするたびに過去の管理ファイルはどんどんと増えていってしまいますし、そのバックアップがどのような理由でどのような修正をしたのかもわかりにくくなってしまいます。

Gitを使えば、作業ディレクトリは1つでよく、いつでも好きな時点まで戻せ、どのような意図で何処を修正したのかも簡単に1発でわかるようになります。

同じファイルを複数人で同時に修正できる

Gitを使うと、「ブランチ」と「マージ」という機能により、複数人で同じファイルを同時に修正して、好きなときに合体させることが出来ます。

ファイルを修正した意図を伝えられる

ファイルをただ編集するだけだと、それが新規機能追加なのか、バグ修正なのかわからなくなってしまいます。Gitには、どういう理由その修正が行われたのかコメントを残す機能があります。

このコメントをみて、何処までファイルを戻すかの参考にすることが出来ます。

Gitを使わないとこのように失敗してしまう

例1: Excelファイルを編集したら関数が壊れてしまった

  1. Excelファイルを修正してもっと見やすいように変更しよう
  2. 関数表が壊れた!もとに戻さなきゃ!
  3. ぎゃーー!どれが最新のバックアップかわからない!
  4. あ、昨日したバックアップ取ってなかった、、、頑張ったのに、、もう無理

例2: Webページを作っていたら、デザインが崩れてしまったから戻したくなった

  1. 早くデザイン修正しなきゃ!
  2. デザイン修正したけど、壊れちゃったな。もとに戻そう
  3. 修正したファイルが多すぎて、どれを戻せばいいのかわからない、、、もう無理

例3. 昨日自分が編集したファイルをアップロードしていたら誰かに上書きされた

  1. 3月1日 – (私)よし、今日もWebの修正終わり!アップロードも完了!帰ろう
  2. 3月2日 – (私)あれ?昨日編集したファイルが変更されてるぞ?
  3. 3月2日 – (部下くん)「私さん」言われてた修正、やってアップロードしておきました!
  4. 3月2日 – (私)えーー!お前、上書きしやがったなー!
  5. 3月2日 – (私)バックアップは取ってない、、、もう無理

Gitを使った結果

Gitを使うと、先程に失敗はすべて解決することが出来ます。

例1: Gitで解決 – Excelファイルを編集したら関数が壊れてしまった

  1. Excelファイルを修正してもっと見やすいように変更しよう
  2. 関数表が壊れた!もとに戻さなきゃ!
  3. 念の為、今の編集履歴をGitを使って保存しておこう
  4. git stash -uで直前までさかのぼってまた編集できちゃう!

例2: Gitで解決 – Webページを作っていたら、デザインが崩れてしまったから戻したくなった

  1. 早くデザイン修正しなきゃ!
  2. デザイン修正したけど、壊れちゃったな。もとに戻そう
  3. git stash -uで直前までさかのぼってまた編集できちゃう!

例3: Gitで解決 – 昨日自分が編集したファイルをアップロードしていたら誰かに上書きされた

  1. 3月1日 – (私)よし、今日もWebの修正終わり!アップロードも完了!帰ろう
  2. 3月2日 – (私)あれ?昨日編集したファイルが変更されてるぞ?
  3. 3月2日 – (部下くん)「私さん」言われてた修正、やってアップロードしておきました!
  4. 3月2日 – (私)まじかよ。今度からはしないでね!
  5. 3月2日 – (私)念の為、git diffで差分を確認してから、git checkoutで元の状態に戻そう!

まとめ

Gitを使えば、簡単にGitで過去にさかのぼって修正することが出来ます。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。