LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

gitの複数branch(ブランチ)を一括して削除する方法

gitでたくさんのブランチをマージすると、マージ済みのブランチが邪魔になってしまうことがよくあります。一つずつ削除していくのはめんどくさいので、コマンドから一括して削除出来るようになりましょう。

STEP.1
マージ済みのローカルブランチを確認する

マージ済みのブランチを表示してくれる機能がgitにはあります。

マージ済みブランチを確認
$ git branch --merged

注意としては、「*」のついているブランチ、master、developは間違って削除しないようにしましょう。「*」は現在のブランチを表しており、マージの有無に関わらず表示されます。

STEP.2
ブランチを一括削除する

マージ済みのブランチが判明したら、ブランチ削除のコマンドに流し込んで削除処理を行います。

マージ済みブランチを確認
$ git branch --merged | egrep -v '\*|develop|master' | xargs git branch -d

git branch -dで削除することで、もしマージ済みでないブランチで実行されたとしてもエラーになって削除されません。安心して実行出来ます。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。