LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

gitの削除されたリモートbranch(ブランチ)をローカルでも削除して同期する方法

リモートで削除されたブランチをローカルでも削除したい事があると思います。gitには、そのようなときに使える便利なコマンドがあるので紹介します。

リモートのブランチが追加されると、remotes/origin/XXXXブランチが増えていく

リモートから引っ張ってきたブランチはすべて、remotes/origin/XXXXというブランチ名で追加され続けていきます。

gitのブランチを間違って削除してしまった
$ git branch -a
* master
  remotes/origin/hogehoge1
  remotes/origin/hogehoge2

ブランチがマージされてremoteで削除された後、git pullしても、ローカルのブランチは残り続けて消えることはありません。そのようなブランチを消したい場合は下記のコマンドを実行すれば、ちゃんと消えてくれます。

gitの削除されたリモートbranch(ブランチ)をローカルでも削除するにはpruneを使う

gitにはpruneという機能があって、リモートで削除されたブランチをローカルでも削除してくれます。

gitのブランチを間違って削除してしまった
$ git remote prune origin
 - [deleted]         (none)     -> origin/hogehoge1

git fetchgit pullの実行時にオプションとして指定すると、同時にやってくれます。

gitのブランチを間違って削除してしまった
$ git fetch --prune
$ git pull --prune
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。