LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

gitでbranch(ブランチ)を削除出来ない時の対処法

gitでブランチを削除しようとした時、エラーで削除出来ない時があります。 原因は2種類あるので、これらに引っかかっていないか確認しましょう。

原因1: マージされていないブランチを削除しようとしている

マージされていないブランチを削除しようとした場合、エラーが発生することがあります。 このエラーはgit branch -d <ブランチ名>で削除しようとした場合に発生します。

解決方法として、強制削除をするか、マージ後にもう一度同じコマンドを実行するかの2種類があります。

強制削除
$ git branch -D {ブランチ名}
マージ後に削除
$ git checkout master
$ git merge feature/hogehoge1
$ git branch -d feature/hogehoge1

原因2: カレントブランチを削除しようとしている

今いるブランチを「カレントブランチ」といいます。カレントブランチは削除することが出来ません。一度masterなどの別のブランチに移動してからgit branch -dで削除できます。

もし、編集中のファイルがあるときは、git stash -uで編集ファイルの一時退避をしてからブランチを削除すると便利です。

ブランチを切り替えて削除
$ git checkout master
$ git branch -d feature/hogehoge1
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。