LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

CSS cursorでマウスカーソルの形を指マークにする

CSSのcursorとは?

CSSでcursorを使うと、マウスカーソルが要素にあたった時に指マークなどに変えることが出来ます。

CSSのcursorを使うと、マウスカーソルの形(種類)を変えることが出来ます。

合わせて読みたい

\ CSSについてわからない人は、下記記事で解説しています!参考にどうぞ /

\ CSS cursorのその他の種類を知りたい場合、下記のページでまとめているのでぜひ見てみてください /

CSSで指マークのcursorへ変更する方法

カーソルを変更するには、CSSプロパティの1つcursor: pointer;を使います。具体的にどのように使うのか、下記に使用例を出します。

もう、ほとんど対応しなくても大丈夫になりましたが、IE6にも対応する場合は、cursor: hand;も設定するようにしましょう。

指マークを使ってボタンを作る

注意

cursor: pointer;を使って、何か要素を作成しようとしていると思います。しかし、それはよく考え直したほうがいいかもしれません。

そ言うのも、そもそも、cursor: pointer;の使い所は「ユーザーがその部分をクリックできるかわかるようにする」という部分だと思います。 逆に、それ以外の部分にcursor: pointer;を使うと、かえってユーザーを混乱させてしまいます。

さらに、クリックする部分には、HTMLの<a> <button>などの専用の要素が用意されています。cursor: pointer;使う場面なそれほど多くはなく、<a> <button>を使って事足りるのであれば、その方がいいのです。

その上で、「divやspanを使ってクリック出来るように見える要素を作りたい!」と考えているのなら、cursor: pointer;を使いましょう。

指マークをつかってボタンを作るには、下記のような手順で作成します。

  1. <div>を使ってボタンテキストを囲む
  2. <div>をボタンに見えるようにスタイルを設定する
  3. cursor: pointer;を設定する

以上です。

順番に解説していきます。

<div>を使ってボタンテキストを囲む

まずは、<div>を使ってボタンテキストを囲んで、ボタンの雛形を作りましょう。

<div>をボタンに見えるようにスタイルを設定する

次にdivがボタンに見えるように見えるようにスタイルを設定します。

ボタン風にするポイントは下記の2点です。

  1. padding: 10px 15px;でボタンの領域を調節する
  2. display: inline-block;を指定する

cursor: pointer;を設定する

最後に、マウスカーソルがあたっと時にカーソルが指マークに変わるようにcursor: pointer;で設定しましょう。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。