LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

wifiルーターのアクセスポイントモード「AP」とは?ネット速度の高速化方法&ルーター解説 等

「インターネットにつなぐには、wifiルーターの設定が必要だけれど、アクセスポイントモードやルーターモード等よくわからないキーワードが出てきて混乱している。これらのモードはどういう意味なのか知りたい!」

そんな悩みを抱えている人に向けて、「アクセスポイントモード(AP)」とは何なのかについて解説します。

そもそも、ルーターとは何?

アクセスポイントモードを知るには、ルーター機能について理解する必要があります。

ルーター機能は、「データをどの機器に送るかを決める機能」のことです。ルーターに到着したデータは、「どのLANケーブルを使い、どのwifiを使い、どんな経路でいつ送ればいいか」を「ルーター機能」によって決められます。その後、ハブやwifiアクセスポイントは、「ルーターの決めた通り」にデータを送ったりするわけです。

つなぐ機器が1台しか無いときは、経路を決める必要が無いのでルーターは無くても通信が出来ます。しかし、家の中にはインターネットに繋がる機器が複数あるところがほとんどだと思いますので、家庭内のどこかにルーターがあるはずです。

アクセスポイントモードとは、「ルーター機能を持たないwifiルーター」のこと

本来、wifi機能とルーター機能は別々になっています。それぞれ専用の機器を使うこともあります。しかしながら、機器が複数になればそれだけ管理は複雑になりますし、機器代金が増えることにもなってしまいます。

コストの面と管理性の面から、wifi機能とルーター機能が一緒になったwifiルーターが今では主流になっています。

アクセスポイントモードは「ルーター機能をOFFにして、wifi機能だけを使うモード」です。ルーター機能をOFFにすると、今までルーター機能で使っていた処理能力をwifi機能の方に回せるため、より多くの通信機器をつなげるようになったり、機能ごとに機器が分かれるため、ネットワークの信頼性が向上するメリットがあります。

アクセスポイントモードを使うには、どこかにルーターが無くてはいけない

アクセスポイントモードを使うと、ネットワークの信頼性が向上することを話しました。しかし、どのような環境でもアクセスポイントモードを使えるわけではありません。

アクセスポイントモードを使うには、家庭内に最低1個のルーターがあることが必須です。

もし、試したいときはwifiルーターをを2台買ってきて、1台をアクセスポイントモードにするようにしましょう。

アクセスポイントモードに変更するべき環境とは?

普通、wifiルーターは家庭内に1台だけだと思います。そのような人は、アクセスポイントモードにするべきではありません。インターネットに繋がらなくなります。

反対に、家に使っているwifiルーターが3台以上ある場合、アクセスポイントモードにしたほうが良いです。なぜなら、ルーター機能はデータを処理するのに時間がかかるからです。

データをルーター機能に何回通してもインターネットにつながることは繋がります。しかし、若干遅れます。

ルーター機能をOFFにすると、それだけ遅れなくなるので、youtubeを見たり、PvPゲームをするときには、ぜひやっておきましょう。

アクセスポイントモード以外のモード解説

wifiルーターには様々なモードが備わっています。

  • ルーターモード「RT」
  • アクセスポイントモード「AP」
  • ワイヤレスブリッジモード「WB」
  • クライアントモード
  • ブリッジモード「BR」・コンバーターモード「CNV」

あなたも、これらのモードにどういう違いがあるのかや使い所や、どんな時に使うかがわからないのではないでしょうか?この記事では、これらのモードの違いと使い方を解説します。

ルーターモード「RT」

ルーターモード「RT」は工場出荷時の初期設定になっていることが多いです。ルーターモードであれば、LANケーブルを接続するだけで、wifiのアクセスポイントとして即時から使うことが出来ます。

デメリットは、ルーターモード「RT」の機器をたくさんつなげていくと、必要のない処理をしてしまいネット速度が遅くなってしまいます。

これを改善する方法が次に紹介するアクセスポイントモード「AP」です。

アクセスポイントモード「AP」

アクセスポイントモード「AP」は「wifiルーターからルーター機能を無効化した状態」です。wifi機能とLANポートのハブ機能のみ使うことができます。

家庭内でインターネットを繋ぐ時、必ずPCそれぞれにIPアドレスが振られる必要があります。ルーターモード「RT」だと、IPアドレスが勝手に振られるようになっているので、LANケーブルを挿しただけで使えるようになるのですが、アクセスポイントモード「AP」の場合はIPアドレスが振られなくなります。

なので、アクセスポイントモード「AP」を使うには、アクセスポイントモード「AP」が有効な機器とセットで使う必要があります。

メリットは「ルーター機能」という処理が必要最低限になるので、ネット速度を最適化することができます。デメリットは、解説書に書いてある、ルーター設定のためのIPアドレスやURLが使えなくなります。

アクセスポイントモード「AP」のルーターは、「スマホやパソコン等ネットに繋がった他のコンピューター」と同じ扱いになるので、DHCPによって順番にIPアドレスが振られます。大抵、「192.168.0.1」、「192.168.1.1」のどちらかです。

ワイヤレスブリッジモード「WB」

ワイヤレスブリッジモード「WB」は単に中継機としての機能のみを持ちます。電波を強化するのみで、ルーター機能、有線LANに変換などは持っていません。

通常はSSIDは強化電波元ものが使われますが、wifiルーターによっては、独自のSSIDが使われ、複数になることもあります。

クライアントモード

WPモード「WP」は、wifi電波を有線LANに変換するモードです。無線LANとは違い混信を起こさないので、有線LANは複数の機器が高速通信ができたり、回線を高速なまま1本に集約することも出来ます。

wifi電波を中継させる機能はなく、完全に「子機」としての扱いです。

ブリッジモード「BR」・コンバーターモード「CNV」

ブリッジモード「BR」・コンバーターモード「CNV」は違う名称でありながら、どちらも同じ機能を提供します。クライアントモードの上位互換で、クライアントモードに中継機機能をプラスしたモードです。

テレビ裏等に設置しておけば、その周辺で有線LANを使ってオンラインゲームや、ネットテレビを使えたりしますし、wifi電波が強化されるので、スマホやタブレットでの通信品質が向上します。

通常はテレビは大きな電磁波を発しやすいので、電波が乱されてアクセスしにくい状況になったりしますが、ブリッジモード「BR」・コンバーターモード「CNV」のwifiルーターを設置すれば、改善することが出来ます。

アクセスポイントモードで使うルーターは「NEC製 Aterm」がおすすめです。

アクセスポイントモードで使うルーターは「NEC製 Aterm」が一番オススメです。 NECは通信回線を開発、販売している会社なので、通信に強い特徴があります。

Amazon.co.jp: NEC AtermWG2600HP3 無線LANルータ(親機)1733Mbps(11ac)+800Mbps(11n) / 1000Mbps(有線LAN) PA-WG2600HP3
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。