LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

ルーターのファームウェアとは?更新するメリット・方法・注意点など

ファームウェアとは

ファームウェアとは、コンピュータや電子機器に内臓され、そのハードウェアを制御するソフトウェアです。 ハードウェアのROM(読み出し専用メモリ)などに組み込まれているので、 他のソフトウェアのように簡単に更新することは出来ず、 ファームウェアが破壊されると起動そのものが出来なくなります。 ファームウェアには、「ハードウェアとソフトウェアの中間的な役目」があります。 OS使われていない、直接アセンブリ言語で書かれたファームウェアもあります。 しかし、ルーターなど役目の複雑さによってOSが使われたりします。 「ファーム(firmの形容詞)」という言葉は、「固定的に使用される」という意味合いがあります。

ファームウェアはどんなところに使われている?

ファームウェアは様々なところで使われています。 パソコンやその周辺機器、家庭用ゲーム機、携帯電話、その他家電製品などの 電子機器のほとんどにはファームウェアが使用されています。 ROMやフラッシュメモリなどに記録され、通電しなくてもその内容は保持されていることが特徴で、 ハードウェアに最も近いソフトウェアとして機器の基本的制御を行います。 勝手にファームウェアを書き替えたりすると故障の原因になるので、注意が必要です。 ファームウェアの使われている代表的なものは、 電子工作などで使用するマイコンのプログラムや、BIOS(バイオス Basic Input/Output System)があります。

ファームウェアを更新するメリット

ファームウェアを更新するメリットには様々なものがありますが、 どの程度効果があるのかは作成しているメーカー次第になります。 一例として、このような効果があります。
  • その製品をより快適に使うことができるかもしれません。
  • 不具合が解消されるかもしれません。
  • 使い勝手が良くなるかもしれません。
  • 新しい機能が使えるかもしれません。

ファームウェアを更新するデメリット

ファームウェアを更新するデメリットも存在します。 「故障」という視点で見ると、デメリットのほうが大きいです。 具体例として、このようなトラブルに見舞われる可能性があります。
  • 新しいバグが発生するかもしれません。
  • アップデートに失敗して、ハードが使えなくなるかもしれません。
  • 書き換えに失敗すると、機器の起動ができなくなります。
失敗する主な原因は電源喪失です。 故障した場合は、設備のある場所で修理しなくてはならなくなり、 時間とお金がかかります。 更に、失敗した場合はメーカー保証対象外になっている物もあるので、注意しましょう。

ファームウェアを更新する前に確認する事

ここまでで、ファームウェア更新がリスクのあることだと言うことがわかったと思います。 ファームウェアをアップデートしたいと思った時、それが本当に必要なことなのか? ファームウェアのアップデートで今抱えている問題が対策できるのか? を考えて、「それでも!」というときのみ更新をしましょう。 しかし、どんなに正しくアップデートしても、トラブルにぶつかってしまう時があります。 コンピュータ関連では仕方の無いことなので、その時は諦めて新しいのを買うか修理に出しましょう。

ファームウェア更新で注意したいこと

ファームウェアの更新はパソコンのソフトとは違い、書き換えのための時間がかかります。 時間がかかるからといって、電源を切るのは厳禁です。なぜなら、その時点で電源を切ってしまうと復旧の手段が無いからです。 リセットボタンも効きません。 障害が起き、ファームウェアが壊れていると正常に起動しなくなってしまいます。 その場合、自力で元に戻すことは困難なので、メーカー修理を依頼することになります。 前章でもお伝えしましたが、メーカー保証対象外な場合もあり、 修理費が発生する場合もあります。

ファームウェアの更新方法

ファームウェアの更新方法は機器それぞれのメーカーによって異なります。 メーカーが交換している更新方法に従って行うのが確実です。 まずは、Webサイトにてファームウェアが存在しているかを確認しましょう。 そして、手元の機器のバージョンとWebサイトのファームウェアバージョンを見比べて、 手元のが低ければ更新しましょう。 もし、機器にログイン機能のある場合管理画面からファームウェアの更新ができます。 ログイン機能がない場合は更新専用のソフトウェアから更新をしましょう。
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。