LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

homebrewの1.9.0が出たので、brew自体をアップデートして使ってみた!

macでプログラミングなどを開発している誰しも使ったことがあるhomebrewが、バージョン1.9.0を公開されました。 homebrewは今まで、macにフォーカスしたコマンド管理ツールだったのですが、 このバージョンでLinuxとwindowsをサポートするようになりました。 いままで、Linuxでhomebrewを使いたいと思った時、 linuxbrewというhomebrewの亜種をインストールして使っていました。 当然、mac用にデザインされたものですので、ライブラリの不足やリンク切れなどにより、 思うように動作しないこともしばしばありました。 しかし、このアップデートからサポートされるようになるので、 このような煩わしさからオサラバすることができるようになるでしょう。 この記事では、1.9.0とそれ以前のbrewの違いと更新方法について紹介したいと思います。

1.9.0の特徴とはとは?以前のバージョンとの違い

以前のバージョンと何が違うのでしょうか?下記に簡単にまとめました。
  • LinuxとWindows10をサポートするよ。root権限必要ないよ
  • brew prune/usr/local/bin以下のリンクの切れたコマンドを修正する必要は無いよ。brew cleanupで自動でやってくれるよ。
  • HOMEBREW_INSTALL_CLEANUP=1をセットしておくと、brew install``brew upgrade``brew reinstall時にbrew cleanupを自動で実行させるようにできるよ
  • 32-bit Intel CPUでの動作をサポートしなくなるよ
  • keg(Formula のインストール先パス)を指定できなくなるよ
  • コマンドが置き換えられるよ
    • brew cask --version=>brew --version
    • brew cask search=>brew search --cask
  • HOMEBREW_BUILD_FROM_SOURCEが非推奨になったよ。代わりに、--build-from-sourceをつかってね
  • ソースをビルドする時に、条件によってはCFLAGSが違っていたけれど、共通化されたよ
  • OSI承認のライセンスを適用したOSSでないとbrewに取り入れないよ。
  • macOSにデフォルトで入っているソフトはbrew link --forceでリンクされないようになったよ
全部をまとめると、こんな感じです。 全体の印象は、リンクのトラブルが減りそうな修正がされていて、良い感じだとおもいました。

homebrewを1.9.0にアップデートする方法

アップデートする方法はとても簡単です。1コマンド実行するだけ
$ brew update
はい。これだけです。簡単!

brew cleanupでキャッシュを削除してSSD容量開放!

brew cleanupが新しくなったので、早速試してみました。 結果、6GB以上もの削減に!結構、キャッシュとか溜まっていたんですねぇ…

まとめ

バージョン1.8と比べると、ソフト管理に費やす手間が減って、いい感じになりました。 今の所、アップデートによる不具合等はなく、快適に使えています! みなさんも、この機会にbrew updateをポチって見るのはいかがでしょうか?
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。