LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

Linuxとは?初心者向けにWindowsとの違いと比較しながら出来ること〇〇つ紹介する

Linuxとは、WindowsやMacOSと同じように、PC上で動くOSの1つです。

  • Linuxってどういうもの?🤔
  • Linux(リナックス)という名前はよく聞くけど、実際に使ったことは無い👻
  • 使い始めるにしても何から手を付けていいか分からない😇

このような疑問を持っているLinux初心者に特徴や出来ることを解説します。

Linuxは世界中で主にサーバーとして使われており、エンジニアを目指しているのであれば、絶対に避けることができない知識です。

Linuxとは?

「Linux」を学習する時に注意してもらいたいのが、「Linuxには2つの意味がある」ということです。

  • 「Linuxカーネル」… PCのハードウェアを管理する
  • 「Linuxディストリビューション」… OSとしての意味のLinux

この2つの違いを確認していきましょう!

「Linuxカーネル」とは?

これは簡単に言うと「OSの中のOS」の事です。どういうことかというと、「メモリ、CPU、HDD、SSDなどハードウェアの効率的な運用プログラム」の事を言います。LinuxカーネルはこのようにPCのハードウェアの情報を1bit単位で管理するソフトウェアの事です。

メモリ、CPU、HDD、SSDがLinuxカーネルを経由せずアクセスできてしまうと、事実上すべての情報を抜き取ることが可能になってしまうため、非常に精巧に作られています。

このLinuxカーネル事を単に「Linux」と呼んだりもします。

そして、このLinuxカーネルは、リーナス・トーバルズさんが「Unix」というOSを真似て作ったUnixに似た(Unixライク)ソフトウェアでもあります。

「Linuxディストリビューション」とは?

Linuxディストリビューションとは、先程の「Linuxカーネル」を使って作られたOSの事です。

わかりにくいと思うので、馴染みやすい「Windows」に例えて言いましょう。Windowsには、御存知の通りたくさんのバージョンがあります。「Windows Pro」「Windows Home」「Windows Server」などです。

このように、「Windows」といってもたくさんの種類があり、あなたはこの中から使いたいOSを選択します。

Linuxにも同じように、たくさんのOSの種類があります。Linuxは無料なので、1つの団体がOSを作っているわけではなく、様々な会社が独自OSを作っているのです。

Linuxディストリビューションがどのくらいあるのかは、下記の画像を参考にしてください!線の1本1本がディストリビューションを表しています。

参考 Linuxディストリビューションの一覧マップwikipedia

すべてのディストリビューションを覚える必要はありませんが、「Ubuntu」と「CentOS」は有名なので、この2つは覚えておきましょう!

Linuxを操作する仕組み

Linuxカーネルに直接アクセスすることはできません。必ずLinuxディストリビューションを通してLinuxカーネルを操作します。

言うなれば、Linuxカーネルに殻がかぶさって、手が付けられない状態になっています。

では、Linuxディストリビューションを通してどうやってLinuxを操作するかというと、「shell(シェル)」と呼ばれるソフトを使います。シェルは、

  • sh
  • bash
  • zsh

など色々な種類があります。使い勝手は違いますが、持っている機能は全く同じです。

shellはコマンドラインから操作するのが特徴です。

ほとんどの人は、WindowsやMacOSのような「GUI(グラフィカルユーザインターフェース)」しか使ったことが無いと思います。マウスポインタでドラッグ&ドロップなどの操作ができます。

しかし、CUIには基本キーボード入力しかできません。そのため文字だけで情報のやり取りを行います。Windowsで言う所の「コマンドプロンプト」、Macでの「ターミナル」ですね。

これらは、意識しないと絶対に使わない機能だと思います。しかし、Linuxではこの操作が基本です。

始めのうちはなれないので、苦手意識が働いてしまうかもしれませんが、なれてくると「めっちゃ便利じゃん!」となりますよ!

Linuxの何がいいの?Windowsと比較したメリット

LinuxがWindowsと同じようなOSの一種だというのがわかった所で、Windowsと比較してどのような面が優れいているのか確認していきましょう!

ザッとリストすると、このようになります。

  • Windowsは1台毎にお金がかかるが、Linuxは無料
  • WindowsよりもLinuxの方が採用件数が多く、ノウハウがネット上の溢れている
  • WindowsのバグはMicfosoft社しか直せないが、Linuxは誰でも修正可能

Windowsは1台毎にお金がかかるが、Linuxは無料

Linuxは、「OSS(オープンソースソフトウェア)」です。ですので、誰でも無料で使うことができます。

Windowsだと1台単位で数万円のライセンス料がかかります。ただサーバーを持っておくだけでお金がかかるんだったら、無料のLinuxの方がいいですよね!
特に、Webシステム、はたくさんの台数のPCを連携して作り上げるシステムなので、Windowsだとそれだけで大きなお金がかかってしまいます。

WindowsよりもLinuxの方が採用件数が多く、ノウハウがネット上の溢れている

Linuxが無料で、たくさんの企業や団体が使うのでそのノウハウがネット上にあふれています。トラブルに見舞われて困ったとしても、Google検索を行えば大抵の情報は手に入ります。

また、Linuxは文字で操作するCUIが主に使われているので、エラーになった時その文字をコピー&ペーストで検索できるというメリットもあります。

一方Windowsでは、操作はすべてGUIなので、どのように検索したら求めている情報がヒットするのかわかりませんよね。

情報の探しやすさでは、Linuxがとっても高いです。

WindowsのバグはMicfosoft社しか直せないが、Linuxは誰でも修正可能

Linuxは誰でもソースコードを閲覧でき、改変し、それを公開し再配布することができます。そのため、なにかバグがあったとしても、世界中の誰かが直してパッチをアップしてくれます。

自ら報告して直してもらうこともできますし、何なら自分で直してしまうこともできます。

一方、Windowsでは、Windowsを直せるのはMicrosoft社しかありません。早く直してくれるかもしれませんが、そうでないかもしれません。Microsoft社の気分次第ということです。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。