LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

冬にオススメな丸くて可愛くておしゃれな!石油ストーブを口コミから3選。部屋も心もあたたまるオススメを紹介

最近は、おしゃれで部屋の雰囲気に合った石油ストーブが増えてきました。 石油ストーブのメリットは、「電気が不要」なところです。 どこでも持ち運びが可能で、石油を熱に直接変換するので、暖房効率もとても優れています。 今回は、実際に石油ストーブを使い始めて感じたメリットと、 丸くて可愛くておしゃれな石油ストーブの中から評判のよいものを口コミとともに紹介します。

石油ストーブのメリット

石油ストーブを使い始めて感じたメリットを5つ紹介します。
  • 石油を熱に直接変換するので、暖房効率がとても優れている
  • 電気を使うときに比べて、空気が乾燥しないので、喉、目、花、肌などの敏感部分に優しい
  • 空気中に自動的に水分を供給してくれるので、加湿器のメンテナンスが不要に
  • 仕組みが簡単なので、手入れがしやすく壊れにくい
  • 電源が不要で停電などの非常時にも使える
  • 電力を使用しないので、停電の原因にならない

石油を熱に直接変換するので、暖房効率がとても優れている

石油ストーブは、電気とは違い石油を直接熱に変換します。 しかも、燃えることで遠赤外線が出るので、火をつけてからすぐに暖かくなるんです。 遠赤外線は**じんわりと体の中からあためてくれるので、一旦温まってしまえばポカポカ状態が長続きします。 体全体が火照って、心地が良いです。 エアコンは、風があたっているところだけが温かくて、ちょっと遠ざかるとすぐに寒くなるということもあるますが、 石油ストーブの場合は、部屋に放出された遠赤外線が、壁を反射して全体を暖かくするので、 部屋のどこにいても暖かさを感じる事ができるんです。 なので、エアコンと石油ストーブを比較すると、圧倒的に石油ストーブの方が軍配が上がります。 ホント、温かいですよ。

空気が乾燥しないので、喉、目、花、肌などの敏感部分に優しい

石油ストーブに使われている灯油は、燃焼すると水蒸気が発生します。 この水蒸気が、部屋を温めるだけではなく、 部屋の空気にうるおいをプラスしてくれるというメリットがあります。 十分なうるおいがあるおかげで、喉、目、花、肌など冬に乾燥しがちな部分を守ってくれます。 私の部屋では、エアコンを使っている場合、 部屋にいるとパサパサカサカサして、色んな所が痛くなっていました。 でも、石油ストーブに変えてから、かなり改善されました。 部屋にいても、ほとんどカサカサしない。 部屋にうるおいがあるからなんだって、実感できます。

空気中に自動的に水分を供給してくれるので、加湿器のメンテナンスが不要に

エアコンを使う場合は、加湿器を使っているご家庭も多いのでは? でも、加湿器って、毎回水を取り替えたり、機械を洗ったりと言ったメンテナンス大変じゃないですか? それに対して石油ストーブは、全く手入れが必要ありません。だって、燃やすことで水分を自動供給してくれますから。

仕組みが簡単なので、手入れがしやすく壊れにくい

エアコンとは違い、暖房の仕組みがとても簡単です。だって燃やすだけなんですから。 だからこそ、長時間使っても壊れにくい。 普段のメンテナンスも、周りのホコリを落とすだけという簡単さです。

電源が不要で停電などの非常時にも使える

石油ストーブのメリットで意外と重要なのが、「電源がふようなので、非常用の暖房としても使える」ということです。 石油ストーブに必要なのは、「灯油」のみです。電気(電池を含む)は必要ありません。 マッチやライラーでも点火できちゃいますからね。 東日本大震災や熊本地震で停電が起こったときに、暖房が使えず寒い日々を過ごした方も多くいらっしゃいました。 また、今後大きな地震が起きることもよくニュースで報道されていますよね。 真冬の凍える時期に大震災などの災害が起きて、停電になんてこともありえます。 この先、いつ地震があるのかわからないわけですから、非常時にいつでも使える暖房器具があるというのは助かります。

電力を使用しないので、ブレーカーが落ちる原因にならない

意外と重要になるのが、「石油ストーブは電力を全く使わないので、ブレーカーが落ちる原因にならない!」とう点です。 この前、実際にあったことなのですが、仕事でデスクトップPCを使っていたら、 エアコンなどの暖房器具が原因でブレーカーが落ちて作業中のデータが無くなってしまった。という事が起きました。 作業をかなり勧めていたので、それが一瞬で無くなってしばらく立ち直れませんでしたね。 エアコンさえつけなかったら、このようなことは起きなかった。というショックはとても大きなものでした。 それから、家庭内の合計消費電力についてかなり意識するようになりましたが、毎回「あと何ワット使える」とか考えるのは面倒だし、 いつ電源が落ちるともしれない恐怖を感じ続けるのはストレスです。 石油ストーブならば、そのような問題を気にする必要は無いので、その分仕事に集中できてとても気分が楽になりました。

石油ストーブのデメリット

このように、石油ストーブにはたくさんのメリットがありますが、デメリットが無いわけではありません。 例えば、下記のようなものが存在ます。
  • 定期的に空気の入れ替え・換気が必要
  • 火を扱うで、小さな子どもやペットがいるところでは危険
  • 灯油が切れたら補充をしに行かないと行けないので、面倒
  • 点火時や消火時に灯油臭がする
特に、石油ストーブは高温部分が上部に露出しているので、 小さな子どもやペットがいる場合や、部屋が狭くて近くに燃えるものがある場合は使うことができません。 あと、定期的な換気や、灯油の補充なども面倒なところです。 この点は、エアコンに劣ります。

丸くて可愛くておしゃれな石油ストーブ5選

色々、メリット・デメリットはありますが、 それらを考慮してもやっぱり石油ストーブがおすすめです。 下記に数ある石油ストーブの中からおしゃれで丸くて可愛いい石油ストーブを紹介します。

1. トヨトミ(TOYOTOMI) レインボーストーブ

クラシックの雰囲気がある「トヨトミ」の石油ストーブです。このストーブの特徴は燃焼中に特殊なガラスコーティングの影響で、 火の光が七色に光り輝くという点です。光の強さは40W電球相当で、強すぎず弱すぎず部屋を照らしてくれます。 小さい割には、暖房能力が高く、木造で7畳程度まで暖めることができます。 :::TODO::: 公式サイト: rl-250
– http://www.toyotomi.jp/products/heating-oil/convected-stove/rl-250/ – http://minatodenki-online.jp/shopdetail/000000016174/ – https://yukimibiyori.net/toyotomi/

2. アラジン(Aladdin)

アラジンストーブは「独特の存在感」「レトロな風貌」「美しい青色の炎」が特徴です。 使い続けるほど味わいが深くなる、知る人ぞ知るシリーズと言われています。 アラジンストーブは「ブルーフレームヒーター」という方式が採用されており、 灯油を燃やすたときに出る火は「青色」をしています。 そのため、点火時や消火時には気になる臭いが発生しにくくなっています。 対流式で、暖められた空気が部屋にくまなく届き、風の音なども一切無いのでとても静かです。 安全対策として、対震自動消火装置搭載されています。 :::TODO:::

3.コロナ(Corona)

グッドデザイン賞受賞の石油ストーブです。対流型で非常に暖房能力が高いです。 広いスペースでも、遠赤外線炎筒とホワイトフレームでまるごと暖房することができます。 その優秀さから、小学校、中学校の教室にも導入されています。 木造なら17畳、コンクリートなら23畳まで対応することができます。 :::TODO:::

まとめ

いかがでしたか? エアコンと石油ストーブでは、一長一短があります。 しかし、電源が不要で暖房能力が高いので、石油ストーブの方が優れいている事を紹介しました。 今から、寒さが更に厳しくなります。この際に石油ストーブで温かい冬を過ごしてみませんか?

【最大2.5%還元】アマゾンで更にお得にお買い物する方法

アマゾンの品物は全体的に安いですが、更にお得に買い物できる方法があります。 それは、「アマゾンギフトカードにチャージして購入する方法」です。 チャージ金額に対して、最大2.5%分のポイントが貯まるという大変オトクなものになっています。 当記事で紹介しているアイテムに限らず、普段アマゾンで買い物されるという方はも、 ギフト券にチャージして買い物したほうが絶対いいです。 やらないと、損ですよ。 アマゾンギフト券詳細やチャージ方法は、下記公式サイトをクリックして確認して見てください。 :::TODO:::
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。