LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

楽天モバイルで「+メッセージ」(プラスメッセージ)は使えるのか?

楽天モバイルで「+メッセージ」(プラスメッセージ)は使えるのか?結論から言うと「使えません」。今の所、「+メッセージ」が使えるのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手キャリア3社のみです。

2018年5月9日から「+メッセージ」(プラスメッセージ)サービス提供開始されました。現状では、MVNO(仮想移動体通信事業者)は全く対応していません

この記事では、「+メッセージ」とはそもそもなんなのか?楽天モバイルがいつ「+メッセージ」に対応するのか?などを解説していきます。

+メッセージの概要

まずはじめに、+メッセージの概要をまとめます
SMS +メッセージ
テキスト・絵文字 最大全角70文字 最大全角2730文字
写真・動画 ×
専用スタンプ ×
グループメッセージ ×
音声メッセージ ×
地図情報 ×

+メッセージは、今のSMSの進化バージョン

今までのSMSは電話回線を使って通信を行っていました。 そして、そのSMSにはたくさんの使用制限がありました。
  • 1回の送信文字数は70文字まで
  • 送れるのはテキストのみ
  • 1回の送信ごとに3円かかる
LINEとは比較にならないほど、貧弱です。しかも送信するごとに送信者は使用量がかかります。 画像や動画もおくれません。なおかつ、送れる文字数はtwitterの1/3以下です。 対して、「+メッセージ」(プラスメッセージ)はそのような制限はほとんどありません。 宛先が電話番号になっただけで、機能面ではLINEとほとんど変わりません。
  • 電話番号を宛先に送れるのは、今までのSMSと変わらない
  • 1回の送信文字数は 2730文字 まで
  • テキスト、画像、動画、スタンプなども送れる(LINEとほぼ同等機能)
    • 最大データ量は100MB
  • 地図情報も送れる
  • 送信料金は「0円」
機能面ではLINEと変わりませんが、操作性とか利便性とか考えると、 メリットはそこまで無いような気がします。 「選択肢が1つ増えた」タダそれだけ。という印象です。

+メッセージに料金がかからないのはどうして?

SMSは電話回線を使って通信をします。 そして、電話回線は「専用回線」で、品質は高いものの料金が高くなります。 SMSは高い回線を使っているので、送信料金がかかるのです。 「+メッセージ」はデータ通信回線を使用しています。 データ通信回線は「共有回線」で、「パケット」と 呼ばれる小分けにされたデータで送受信をします。 そのため、1本あたりの回線の稼働率が高くなり、料金が抑えられるというわけです。 更に、データ通信回線を使っているメリットは他にもあって、 wi-fiを通した通信も行えるという点です。 wi-fiを使えば、データ通信料は一切かかりません。 無料wi-fiを使えば、一切料金のことを気にせずにSMSが使えるようになります。
  • 質問:Wi-Fi接続中に+メッセージを使った場合、データ通信(パケット)料金はかかるのでしょうか。
  • 「ドコモ広報部」かかりません。ただし、初回利用時の認証でspモードのモバイルデータ通信が必要なので、その際にはデータ通信料が発生します。
  • 「KDDI広報部」+メッセージはWi-Fi回線でも使えます。その際のデータ通信料はかかりません。ただし、初回起動時の回線確認ではWi-Fiをオフにする必要があり、データ通信料がかかります。
  • 「ソフトバンク広報室」通信料はかかりません。ただし、初回起動時の認証ではWi-Fiをオフにする必要があり、データ通信料がかかります。
引用: itmedia

通信内容を盗まれたりしない?セキュリティは大丈夫なの?

LINEの場合は、通信内容からサーバーでデータを扱う部分までを含め、 メッセージを暗号化する「Letter Sealing」という仕組みが導入されています。 この仕組のおかげで、万が一LINEのサーバーからデータが盗み出されても、 私達の通信内容がわからないようにされています。 しかし、「+メッセージ」では、そのような部分はネット上で見つけることはできませんでした。 セキュリティの観点から見ると、使用しないほうが良さそうです。

楽天モバイルはいつ「+メッセージ」に対応するの?

予測では、「2019年10月以降」に対応すると思われます。 そして、MVNOで最初に楽天モバイルが「+メッセージ」に対応するのではと考えています。 なぜなら、現時点で「+メッセージ」は大手キャリアのみで提供しています。 そして、楽天モバイルは2018年4月9日に総務大臣より1.7GHz帯周波数を使って 携帯電話サービスを提供1できるようになりました。 そして、その周波数帯を使ったサービスは2019年10月から開始されると発表されています。 そのため、第4の携帯キャリアとして仲間入りをはたしたあとに、 「+メッセージ」が提供されるのではないかと思われます。 何にせよ、MVNOで「+メッセージ」をつかえるのはまだまだ先になりそうです。

どのようなスタンプがあるの?

流石に、LINEほどでは無いものの、ある程度のコミュニケーションが取れるぐらいは用意されています。 実用性が優先されているのか、そこまでとても面白いスタンプなどは無いという印象です。 全部は載せきれないので、ランキングTop15の一部を紹介したいと思います。

かけ放題プランでもSMSは料金がかかるかかる!?

前章でも言ったとおり、SMSは電話回線を使っているため使用料金が高額です。 では、どのくらい高額なのか?について調べました。 また、かけ放題プランだと、電話回線を定額で使えるのでSMSその中に入っているだろう。 という都市伝説があるのをご存知でしょうか? その部分についても調べました。 調査の結果、「原則、どのような場合でもSMSの送信には3円かかる」ということがわかりました。 ただし、キャリアによって微妙な違いがあります。 この違いで「SMSはかけ放題で無料」という尾ひれがついたと思われます。

ドコモのSMS料金

ドコモの場合は、かけ放題プラン(カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン)にSMS料金は含まれていません。 そして、ドコモはキャリアの中でも特殊で、文字数によってSMS料金が変化 します
送信文字数 1通あたりの料金
1~70文字 3円
71~134文字 6円
135~201文字 9円
202~268文字 12円
269~335文字 15円
336~402文字 18円
403~469文字 21円
470~536文字 24円
537~603文字 27円
604~670文字 30円

auのSMS料金

カケホ(電話カケ放題プラン)、スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)のいずれでもSMS料金は発生します。 例外として、 家族割を設定している携帯電話同士だったら、料金はかかりません

SMS(Cメール)

  • 送信料: 1通あたり3円
  • 受信料: 無料

ソフトバンクのSMS料金

国内での通話かけ放題の「スマ放題」と5分間以内かけ放題の「スマ放題ライト」では内容が異なります

「スマ放題」の場合

  • 送信料: 1通あたり3円(ソフトバンクの携帯電話あての場合は無料)
  • 受信料: 無料

「スマ放題ライト」の場合

  • 送信料: 1通あたり3円
  • 受信料: 無料

まとめ

  • SMSは送信料が高い!
  • +メッセージはキャリアしか使えない
  • 現在のところ、積極的に使うメリットは無い

  1. https://japan.cnet.com/article/35117453/ 
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。