LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

wifiルーターの通信電波にはどのような種類があるのか?

wifiルーターには、高速化や安定性を向上させるために、様々な通信規格が存在します。 電波を大きく分けると、「2.4GHz」と「5GHz」の2種類があります。 また、今メジャー(又はなりそう)な通信規格ごとに分けると6種類あります。 この記事では、それらの通信規格の種類を紹介しようと思います。

wifiルーターで使われている2.5GHzと5GHzの違い

wifiルーターを選ぶときによく見かけるのが「2.4GHz」と「5GHz」の2種類では無いでしょうか? これらは、wifiルーターに使われる電波の周波数帯を表しています。 周波数の高いほうが同じ時間でたくさんの情報を送ることができるので、2.4GHzよりも5GHzのほうが高速に通信ができます。 しかし、良いことばかりではありません。 5GHzは2.4GHzに比べて障害物に弱い特徴があり、ドアや家具などで簡単に通信を阻まれてしまうのです。 2.4GHzは音と同じように壁に反射したり共鳴しやすく、部屋の隅々まで電波が届きやすいのです。 それぞれ一長一短な特徴があり、現在では2.4GHzと5GHzを同時に使うことで どちらの長所を兼ね備えた高速な規格が登場しています。 2.4GHzと5GHzの特徴比較
2.4GHz 5GHz
通信速度 遅い 速い
障害物の影響 受けにくい 受けやすい
電波の届く距離 広い 狭い
なぜこのような差が生まれるのでしょうか? それは「音」と「光」の関係に似ています。 これらの違いは周波数の違いでしかありませんが、ただそれだけで音は様々なモノに反射して広い範囲に届かせることができますが、 光の場合は壁などに当たると影になって光を届かせることはできません。 これと同じような現象が2.4GHzと5GHzにも起こっていて、それでこのような特徴に差が生まれるのです。

2.4GHzは電子レンジも使っている?

2.4GHzはマイクロ波の領域にあります。 日本の法律上、2.4GHz帯は規制がゆるく、企業の参入障壁が低かったことから電子レンジ、bluetooth、コードレス電話、 ゲームコントローラーなど様々な機器で使われています。 当然、周波数帯が同じということは、それだけ影響を受けやすく、これらの邪魔によって正常な通信ができなくなってしまう場合もあります。 特に電子レンジは出力が大きいので、たくさんの電波が出るとすぐに正常な通信ができなくなってしまいます。 それに対して5GHzはそのような家電で使われているものは少ない上に、使える周波数帯も大きいため、 しっかりと安定した通信がができます。

wifiルーターには、高速化を目指して色々な通信規格がある

wifiルーターには現在メジャー(又は、なる予定)な規格には6種類あります。 2.4GHzの遠くまで届く特徴と5GHzの高速な転送特徴を合わせることができる技術が開発されたことで、 9.6Gbpという有線LANにも劣らぬ速度を出しつつ安定した通信ができるという特徴があります。
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。