LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

無線LANとWi-Fiの違いとは?

wifiと無線LANの違い

wifiと無線LANの違いとは何でしょうか? それぞれ解説します。

無線LANとは?

無線LANとはケーブル無しでネットワークにつなぐことを表します。 つなぐ手段として無線を選ぶだけ、どのような規格を使うのかは決まっていません。 wifiでも、bluetoothでも、独自規格でもネットワークにつなぐことのできる無線だったらすべてが無線LANとなります。 無線LAN環境では、親機と子機が必要で、現在ではパソコンに内蔵されていることが多くなっています。 更に、スマホ、プリンタ、デジカメなども無線LANで接続可能になっている場合もあります。

wifiとは?

無線LAN環境を実現するために必要な通信のルールをまとめたものです。 このようなルール化を定めたことで、どのような機器を使っても無線LANに当たり前につなぐことができるようになっています。 もし、wifiが存在しておらず無線LANが普及したとすれば、特定の機器同士でしか通信はできず、混信ももっと激しくて使いものにならないケースも多くなっていたでしょう。 しかし、無線LANの決まりごととしてwifiがあるので、快適なネット通信ができるのです。

現在の主流は「wifi」(デファクトスタンダード)

現在では無線LANとして「wifi」が最も優れています。 wifiの規格には様々な規格があり、現在メジャー(又は、なる予定)な規格には6種類です。

bluetoothでもインターネットに繋げることができる

スマホには、モバイル回線を使ってインターネットにつなぐことができる「デザリング」という機能があります。 デザリングでは、「wifi」を使う方法と「bluetooth」を使う方法の2種類があります。 bluetoothはとても省電力なので、バッテリー容量を気にしないといけないスマホやゲーム機等にとても向いています。 しかし、通信速度は早くありません。最新バージョンでも24Mbpsしか出ません。 これは現在主流の「11n」と比較すると、1/25しかありません。

失敗しないwifiルーターの選び方と注意点

wifiの機器数を参考にする

wifiルーターを選ぶときは、家のwifiにつなげる機器数を基準にすると良いです。 メーカーが公表している部屋の広さはあくまで参考程度にとどめいて置いてください。 よく、広い部屋に対応しているwifiルーターを選択したほうが、 電波の届く範囲が広く遠くまで届くと思われがちです。 しかし、それは全くの間違いです。 なぜなら日本の法律上、電波の出力上限(10mW)が定められているからです。 どのメーカーも機種も電波の強さや電波の届く範囲は同じなのです。

wifiルーターは「ストリーム数」で選ぶ

wifiルーターを選ぶときには「ストリーム数」を見て選ぶようにしましょう。 ストリーム数を簡単に言うと、同時にデータ転送できる数を表しています(厳密には違うのですが…)。 快適に使う基準としているのは、下記の計算式です。 「同時接続台数 = ストリーム数 – 1」 例えば、wifiルーターのストリーム数が「4×4」の場合、同時接続台数は3台までです。 もちろん、それ以上にたくさんwifiで通信することもできますが、どんどん体感できる程に遅くなっていきます。 「2×2」の場合、通信機器数は1台までです。youtubeを見ながらゲームをすると、遅く感じられたり、 ゲームが同期ずれする可能性が高くなります。

ルーターの設置場所に注意!床より1~2m上に設置

wifiルーターのせっちする場所は重要です。多くの人が床にwifiルーターを置いていますが、 床には電波を妨げる障害物がたくさん置いてあるため、部屋の端っこに行くと電波が弱くなっていることもあります。 床から1~2m離し、壁面か家具の上に置くのが一番良いです。このときに、カラーボックスの中や隅っこに置くと、 周り障害物で囲うことになり、通信速度が悪くなる原因になるので注意しましょう。 部屋の中央にwifiルーターを設置し、まんべんなく電波が届くのが理想ですが、 置くことができない場合は普段使っているPCデスクやスマホの近くに置くと良いです。

最新おすすめのWi-Fi無線LANルーター

ストリーム数が快適にネットを使うために大事ということをお伝えしました。 ですが、「ストリーム数」を基準にどのwifiルーターが良いのか考えるのは難しいとおもい、 私がおすすめするwifiルーターを、環境別に用意しました。

接続機器数で選ぶwifiルーター

3台まで対応

:::TODO:::

2台まで対応

:::TODO:::

1台まで対応

:::TODO:::

家族構成で選ぶwifiルーター

5人まで対応

:::TODO:::

3人まで対応

:::TODO:::

1人まで対応

:::TODO:::

速度から選ぶwifiルーター

:::TODO:::
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。