LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の違いとは?仕事内容や年収を比較!

仕事内容の違い

IT業界にはシステムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の2種類の職種が存在します。どちらもWebサービスやアプリなどを作る点では似ていますが、仕事の担当分野が異なります。

これらの違いは、Webサービスやアプリの「設計を担当するのか」「実装を担当するのか」の違いから来ています。

簡単にまとめると、

  • システムエンジニア(SE) … お客さんと話した上で、悩みを解決するシステムを考える
  • プログラマ(PG) … SEの考えたシステムをプログラミングに起こし実装する

このような違いです。

僕はプログラマですが、Webサービスを作る上ではどちらも必須の知識なので、システムエンジニア的な仕事もちょくちょく行います。
会社によっては、エンジニアの仕事の中にプログラマの仕事が含まれている場合もあります。

アキ

ちなみに、システムエンジニアは「SE」と略されて呼ばれがちですが、プログラマはPGとは呼ばれず、そのまま「プログラマ」と呼ばれることが多いですね

年収の違い

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の年収を比較していきます。

これらの年収比較のデータとして、国が提供してくれている「2019年度 賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査」から確認すると、

職種平均年齢平均年収
システムエンジニア(SE)38.8歳380万円
プログラマ(PG)33.8歳304.4万円

となっています。

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)では、年収に大きな開きがありますね。じゃあ、システムエンジニア(SE)の方が良い!と思う人もいるかも知れませんが、その分平均年齢も高くなっています。

コレは、初めはプログラマとして活躍していた人が、設計の方に携わるようになり、途中からシステムエンジニア(SE)に職種を変えていった結果です。

あなたにオススメの転職サイト

マイナビクリエイター」…IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント

Tech Stars Agent」…エンジニア経験者のコンサルタントが担当の頼れるエージェント

doda」…doda限定の非公開情報が魅力の転職者満足度No1の求人サイト

あなたにオススメのプログラミングスクール

CodeCamp」…マンツーマン指導でレッスン満足度No.1!コスパもNo.1!

TechAcademy」…コースが豊富でお得なセット割引がある!時間のある人向け!

DMM WEBCAMP」…転職成功率98%でNo.1を獲得!国も認める最強スクール!

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。