LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

未経験から始めるプログラマ就職!採用してもらうための志望動機を作るコツ4つ紹介

独学でプログラミングを勉強しながらWeb制作会社で働き、プログラミングのエンジニア講師も勤めた経験がある、アキ( @hackablejp)です。

アキ

プログラマ未経験なんだけど、会社にちゃんと採用されるか不安、、、。採用してもらうための志望動機を作るコツとか無いかな?

こんな疑問に答えます。

未経験だと、プログラマとして採用されるための志望動機をどのように作るのかわからないですよね?

更に、それが応募先の会社で良い印象を与えられるのか不安ですよね?できれば、「こいつ出来るな」と思わせたいものです。

良い印象を伝える志望動機を書くには、下記4つのポイントを抑えましょう!

  1. 何を目指しているのか
  2. なぜそれを目指しているのか?
  3. なぜこの企業を志望したのか?
  4. どのように働きたいのか

この記事では、未経験者のために上記のポイントを抑え、志望動機を作る例を交えて解説していきたいと思います。

さらに、未経験者の誰もが思っている「未経験でも本当に採用されるの?」という疑問にも答えてきます。

この記事を読むと、プログラマとして採用されやすくなる志望動機をスラスラ書くことが出来るようになりますよ!

この記事で分かること
  • 良い印象を伝える志望動機を書く4つのポイント
  • ポイントを抑えた志望動機の書き方と例
  • プログラマ未経験でも採用される理由は?

良い印象を伝える志望動機を書く4つのポイント

良い印象を伝えられる志望動機に必要なのは、「説得力」です。

説得力の強い志望動機にするには、自分の言葉で今まで体験してきたことを言葉にして伝えるのがポイントです。

人生の体験から思った自分の考え、やる気、熱意を含んだ内容にしましょう。プログラマを学習してきた経験から、熱意を伝えるのが一番刺さりますよ!

何を目指しているのか

プログラマとなり、その先に何を目指しているのかを明確にしましょう。プログラマになり、将来達成したい目標があればそれも書き出すと良いでしょう。

会社の採用担当者は、この質問から下記の2点を確かめようとしています。

  • プログラマとなった時、ずっとモチベーションが続くのか
  • 目指しているものが、会社の業績に貢献できるか

会社から見れば、あなたと採用する「投資」を行い、それに見合うリターンが得られるかを見ています。

より、会社の今行っている事業とマッチ度が高いほど、採用されやすくなります。

なぜそれを目指しているのか?

その目標をなぜ目指したのか。その理由を明確にしましょう。

あなたの今まで感じてきた事が、どのように巡って目標を目指すようになったのかを、あなたの言葉で伝えます。

この質問で会社の採用担当者は、この質問から下記の2点を確かめようとしています。

  • 先程の目標の本気度
  • 目標は他人が考えたものではないかどうか

採用担当者の元には色々な人がくるわけですから、その中には当然、本人が全く本気になっておらず適当に、うわべだけの目標を作る人もいるわけです。

そのような人と区別するためにこのような質問をするわけですね。

体験談など交えながら、なるべく具体的に理由を書くようにするのがポイントです。ストーリ形式で書くのもOKです!

なぜこの企業を志望したのか?

ぜこのの企業を志望したのかを、その理由を明確にしましょう。

どのように働きたいのか?

内定を頂いた後、自分の長所を生かしてどのように働きたいのかを明確にしましょう。

入社した後に、自分の特技を生かした働き方は数多くあります。そのため、どのようなポジンションで会社に貢献するのかを考える必要があります。

「このような環境で働きたい」「〇〇の人と働きたい」「△△のようなポジンションで会社を支えたい」のようなビジョンを明確にします。

会社の経営理念があっていれば、書類面接で落とされることはまず無いでしょう。

ここまでのまとめ

志望動機には下記の4点を抑えましょう。

  1. 何を目指しているのか
  2. なぜそれを目指しているのか?
  3. なぜこの企業を志望したのか?
  4. どのように働きたいのか

ポイントを抑えた志望動機の書き方と例

抑えるポイントがわかっても、それを活用してどのような志望動機を作れば良いのかわからないですよね?この章ではそのような疑問に答えます。

志望動機を作る上での注意点

志望動機を作る上で、ゼッタイに守って欲しい注意点があります。採用してもらう時に不利にならないようするための事柄ですのでですので、読み飛ばさないようにしてくださいね!

注意点1: マニュアルに載ってあるままの志望動機はNG

1つ目の注意点は「対策書などのマニュアルに載ってある志望動機はNG」だということです。

マニュアルには殆どの場合、例として「御社の経営理念に魅力を感じ…」「御社の幅広い事業展開に魅力を感じ…」みたいに、誰でも当てはまり、誰でも話せる内容で書いてあります。

採用担当者から見れば、「またマニュアルに書いてあるないようか…」「その人自身の言葉は無いのかな…」と感じてしまいます。会社で何を成し遂げたいのかまるで見えないわけです。

会社としては、奴隷やメイドのように働くひとがほしいわけではありません。会社の一員として、戦力として一緒に働く仲間を募集しています。

もし、心から一緒に働きたい会社があるのであれば、プログラマーとしてあなたが挑戦してみたいことや目標としている事を軸に話していくのが良いです。

注意点2: ネガティブな志望動機はNG

2つ目の注意点は「ネガティブな志望動機は書かない」ということです。

この記事を見ている人には、「自分には自身がなかった」「前の会社の給料が低くて退職した」「プログラマならなんとなくやれそうな気がした」「人間関係が上手く行かなかった」などの体験をした人もいると思います。

そのような体験は、伏せて言わないほうが良いです。

もちろん、正直であることもその人によって良い人間性や性格を採用担当者に伝えることができます。でも、採用担当者も、そのような人を何人も面接しているので、人間には暗い過去もあることはわかっています。

ですので、あえて言う必要はありません。

採用担当者からみれば、「今もまだ暗い過去にとらわれているのか」と思うでしょう。コレでは、その理由を正直に聞かされたところで採用してくれるわけがわりません。

もし、聞かれてしまった時に、トーンを抑えて控え気味に回答するのが一番賢い方法です。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。