LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

wifiの意味とは? 使われている場所から導入方法まで解説

wifiってどういう意味?初めて聞く人へ

wifiとは、無線LANのことです。 インターネットにつなぐには、インターネット事業者(プロパイダ)と契約をして、インターネット回線を家に引き込みます。 引き込んだ回線は、モデムやONUなどの機械を通され、有線LANに変わります。 有線LANは通信速度が早かったり回線が安定している一方で、スマホなどの小型の通信機器では接続することが出来ません。現在では、ノートPCでも有線LANポートがなくなっているものもよく見かけます。 カフェや図書館でノートPCを使うときにも、有線LANのある場所だけしか使えません。もし、ケーブルが断線していたり利用者が多くなるとケーブル不足でインターネットに繋げない人が出てくることもあります。 無線LAN(wifi)ならば、小型の端末でも使えますし、

wifiとは、スマホやパソコン、タブレット、ゲーム機、プリンターなど様々な機器を無線でネットワークに接続するときに使われる決まりごと(規約)です。

wifiの略を知りたい

wifiの略は「Wireless Fidelity」と言われています。 ただし、この略称は後付されたもので本来は全く意味の持たない言葉から来ているようです。

Wi-Fiの名称は、(たとえばIEEE 802.11などの無味乾燥な規格名称よりも)キャッチーな名前を求めてHi-Fi(ハイファイ、英: High Fidelity)の韻を踏んで命名された。「Wireless Fidelity の略である」という由来解釈は、「意味を持たないのはまずい」との理由から命名ののちに後付けされたものである。

wikipedia – Wi-Fi

wifiがどのようなところで使われている?

現在、wifiは様々なところで使われています。 空港、駅、カフェ、ホテル、ショッピングセンター、観光名所など人の集まる場所なら大抵あります。 事前登録しないと接続できないwifiもあれば、ホテルなどのようにチェックイン時にSSIDとパスワードが渡される場合もあります。

wifiの使用できる場所では、このような「Wi-Fiマーク」が表示されていたりします。

wifiでできることは?

wifiでできることは非常にたくさんあり、すべてを紹介するのは無理なので一例を紹介します。
  • モバイル回線を使わなくても、スマホやタブレットでインターネットが使える
  • 写真、動画、音楽などのデータをみんなと共有できる
[rrn_memo] – リビングで録画した番組を別の部屋で見ることができる – ネットワーク対応ゲームで、世界中の人とオンライン対戦ができる – スマホからプリンターに直接写真を印刷できる – スマホでテレビやレコーダー、その他家電を操作できる – ネットワークオーディオが楽しめる [/rrn_memo]

モバイル回線を使わなくても、スマホやタブレットでインターネットが使える

wifiに繋いだすべてのスマホやタブレットでモバイル回線を使わなくてもインターネットが使えるようになります。 モバイル回線を使うには、携帯の契約をしないといけませんが、 wifiならそのような特別な契約無しでインターネットにつなぐことができます1

写真、動画、音楽などのデータをみんなと共有できる

wifiを使いインターネットに様々な危機を接続すると、写真、画像、音楽などのデータをみんなと共有することができるようになります。

  1. プロパイダ契約は必要です 
この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。