LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

Wi-Fiの2.4Ghzと5Ghzの違いとは?特徴と使い分けを解説

Wi-Fiには2.4GHzと5GHzの2種類の電波がが使われています。

2.4GHzは回線速度は遅いが遠くまで届き、5GHzは回線速度は速いが遠くまで届かない特徴があります。 この特徴を使い分けることによって回線速度をアップさせることもできるようになります。

2種類の電波それぞれ特徴と使い分けについて解説します。

2.4GHz – 情報を送る能力の低いが、とても打たれ強い

2.4GHzはWi-Fi電波の中で一番周波数が低いです。 壁などの障害物があっても、電波が弱まりにくく、部屋の端や隣の部屋などでもよく繋がります。 しかし、5GHzに比べると情報を送る能力が低く、たくさんの機器をつなげて同時に通信を行うとすぐに速度低下を引き起こしてしまいます。

また、2.4GHzはWi-Fiだけではなく、電子レンジやbluetooth等のかの電子機器にも使用されている電波なので、 干渉の影響を受けて通信が不安定になる事が多々あります。

家の中だと、電子レンジを使っている間はネットにつながらないといった事になりやすいのです。

今時のWi-Fiルーターでは、2.4GHz単体で使うことはほとんどありません。 5GHz帯の電波も活用して(IEEE802.11n や IEEE802.11ac)、安定性を向上した通信を知らず知らずに使っていることがほとんどなのです。

5Ghz – 情報をおくる能力が非常に高いが、とても打たれ弱い

Wi-Fiで使う5GHzはとても転送能力が高く、2.4GHzとは比べ物にならないくらい高速な通信を行うことが出来ます。 2.4GHzに比べると、障害物があるとすぐに電波が減衰して正常に通信ができなくなったり、繋がらなくなりやすいです。

また、5GHz周波数帯はWi-Fiだけではなく、気象観測レーダーや航空レーダーにも使われており、その使用に関して細かく決められています。 当然、気象観測や航空レーダーなど公共の電波が優先されるべきなので、その使用中は5GHzを使用してはいけない決まりになっているのです。

「2.4Ghz」と「5Ghz」の使い分けで高速化

2.4GHzを使えばどこでもWi-Fiを使いネットに接続することが出来ます。 一方で、接続機器が増えたり、もっとより高速なネット環境が欲しくなったときには2.4GHzでは賄え無いので、5GHz使う方が良いです。

基本、5GHzつなげるときはつなぎ、電波が弱くなったり不安定になったときには、2.4GHzでつなぐようにすると良いです。

まとめ

Wifiの電波は周波数によって届く距離が違います。部屋の間取りや障害物の多さでも影響されます。 自分の環境に合わせて、使い分けてみてください。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。