LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

ConoHaとは?ConoHa VPSに登録してからLinuxの起動、削除まで解説

ConoHa VPSとは、「前払い料金無し」「使った分だけ」「事前にいくら分までしか使えないように制限できる」機能を持ったサーバーレンタルサービスです。

初心者は何かとサーバーの取扱に不慣れなもの。いきなりaws等の機能豊富なシステムを触ったとしても混乱するだけだと思うのです。 それよりも、ConoHa VPSで機能が限定されている、初心者には丁度よい環境があるので、それを利用するのはいかがでしょうか?

ConoHaとは?

ConoHaとは、レンタルサーバーサービスの1つで、「1時間1円から(月630円)」の超低価格で借りることが出来ます。 レンタルサーバーを使うと、インターネット回線の帯域や電力の心配をしなくて良いメリットがあります。

レンタルサーバーを使わずに自宅でサーバー運用することも出来ますが、プロパイダから固定IPを割り振ってもらったり、 HDDやSSDのハードウェア管理もしなくてはいけません。 何より、一番問題なのが「電気代」!300Whのサーバーを1ヶ月ずっと電源ONにした場合、月額の電気料金は約4812円になります。

結構、電気代高いんですよね、、、 ConoHaを使うだけで、電気料金の1/7でサーバーを使うことができるんです。

更に、1ヶ月ずっと借りないといけないわけではなく、1時間単位で借りることができるので、好きなときに借りて好きな時にやめることができるんです。 使いすぎたときは、自動的にサーバーを停止する機能もあり、「クラウド破産」することが一切ありません。

このように、ConoHa VPSは初心者がサーバーを構築するのにとても向いているサービスなのです。

MEMO
サーバーの電気料金 4812円は下記記事の情報を元に参考に算出 https://selectra.jp/energy/guides/ryokin/1kwh

ConoHa VPSの特徴

  • サーバーを借りるのに必要なものは「メールアドレス」と「お金」だけ!(クレジットカード不要)
  • ConoHa VPSは最低料金1.0円/時(630円/月)の低料金でサーバーを借りることができる
  • 1つのアカウントで複数のサーバーを同時に借りることができる
  • OSは Linux 9種類、Windows OS 4種類、オープンソースのアプリケーション 25種類から選ぶことができる
  • VPSなのに、サーバーの能力を上げる「スケールアップ」が可能
  • サーバーの環境をそのまま保存できる「イメージ保存機能」が使える
  • 企業が本番環境としても使っている信頼性のある環境

ConoHa VPSへ登録

STEP.1
登録ページを表示する
STEP.2
住所等の基本情報を入力する
STEP.3
携帯電話番号で本人確認をする
STEP.4
支払い先情報を入力する
STEP.5
完了

ConoHa VPSでLinuxを起動させる方法

支払い先登録まで完了すると、Linuxを起動させる操作ページが表示されます。Linux CentOS 7を起動させて、削除するまでの一連の流れを解説します。

ConoHa VPSの起動方法

STEP.1
サーバーのスペックを選ぶ
STEP.2
サーバーのOSを選ぶ
STEP.3
サーバーリストにサーバーが表示されるまで待つ
STEP.4
完了

ConoHa VPSの削除方法

STEP.1
VPSの詳細画面から「サーバー削除」をクリック
STEP.2
「サービスを削除しますか?」で「はい」をクリック
STEP.3
ちゃんと削除されている事を確認
STEP.4
完了

まとめ

ConoHa VPSを使えば、簡単に手軽にLinuxの環境を手に入れることが出来ます。 しかも、メモリ512MBのプランなら、およそ1時間1円でサーバーを借りることが出来ます。

自分がLinuxを使いたいときだけ借りればいいので、サーバーを買ってきてセットアップするよりも安価で安定したサーバーを用意出来ます。

ぜひ、登録して試してみてください。

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。