LINEで現役エンジニアに直接質問してみよう!登録無料

Gitのでファイルを管理する仕組みを図解で理解する(仮)

Gitとは、ファイルのバージョンを管理するシステムです。バージョン管理をするには、「ファイルの場所」「内容」「記録時刻」等、数多くの情報を整理、管理しなくてはいけません。Gitはどのように管理しているのかをまとめました。

Gitの必須用語集

仕組みについて解説する前に、Gitの基本的な用語を解説します。

リポジトリ

「ファイルの場所」「内容」「記録時刻」「ソースコード」等を管理して保存する場所の事です。いわゆるデータベースです。 リポジトリには「ローカルリポジトリ」「リモートリポジトリ」の2種類があります。

ローカルリポジトリ

ローカル、つまり今あなたが使っているPCにあるリポジトリ(データベース)の事を言います。 Gitは「分散型」と呼ばれる仕組みを採用しています。分散型のメリットには、下記のようなものがあります。

  • 万が一サーバーが壊れたときにもローカルのある情報を使ってファイル救出が出来るようにするため
  • 複数人で同時に編集しても不整合が起きにくくするため

リモートリポジトリ

サーバー上にあるリポジトリを「リモートリポジトリ」といいます。リモートリポジトリには、沢山の人が編集したデータが集まっています。

  • どのファイルを優先するのか?
  • 不整合が起きた時にどのように解決するのか?

等を決めるためにあります。

リモートリポジトリは、自分で用意することも出来ますが、今ではGitHub、GitLab、gitbucket等、手軽にリポジトリを用意できる環境が整っているので、それらを利用するのが一番良いでしょう。

Gitの仕組み

この記事を書いた人

自身がプログラミングを独学で勉強し始めて躓いた経験を元に、これから勉強をする人に向けに「イラスト多めでわかりやすい記事」にこだわって情報を発信しています。

現在はフルスタックエンジニアとしてサービス開発などのお仕事をしています。